NPO法人再非行防止サポートセンター愛知の理事となって2年。

設立してから、8月で3年目を迎えるにあたって

今期の事業高が、3000万円に手が届くまでにきた。

私が、独自の見解で、「食えるNPO」づくりを進めて来た成果が、

見えて本当に嬉しいかぎり。

 

先日、近田副理事長が、

NPOで1000万円の事業高の法人ってどれくらいいるの?

という、言葉から、ちょっと調べてみました。

 

 

「収入と事業から見たNPO法人の現状」

(2012.3.21) 共立総合研究所 調査部 市來 圭 氏 引用

 

2018年5月31日現在、内閣府のNPOページによると

愛知県のNPO法人数は、1,121法人

名古屋市のNPO法人数は、844法人

この図によると

 

愛知県内のNPOの中で、

事業高1000万円未満の法人が実に、70%もいる現実。

 

NPOから支払う給料だけで生活できる人が、一人以上存在するか?

を、「食えるNPO」だと定義すると。

最低でも、1000万円以上の事業高でなければ難しいと私は考えています。

1,000万円以上の事業高になるためには、

 

1,000万円以上を稼ぎ出す力がないといけない。

NPO活動って、思いだけじゃ続かないよね。

って、ことになるわけです。

 

そういえば、NPOセンターの職員時代

NPO法人になれば、自動的に予算がついたり、補助金もらえたり

って、本当に思っていた人いっぱいいましたっけ?!!

そう思って、NPO法人を設立しちゃった人いませんか~??

 

NPO活動するものは、誰でも社会を変えたい!!

って思ってます。しかしね。

まず、活動を継続できるだけの、事業高にならないと

土台無理な話。ってこと。